『備忘録』だとか、『日記』だとか。

日々のあれこれを記録する自己満足日記帳

『年の瀬』とか、『これからの時間』とか。

年の瀬である。

 

もう数時間で年が明ける。家族でテレビを見ながら蕎麦を啜るっている人もいれば、悲しいかな仕事場で年越しを待っている人もいることだろう。かくいう私はといえば、地元へ帰省する飛行機の中でこの記事を書いている。

機内誌を読み込むのにも飽きて、そういえば10月頭に更新して以降、まともに触れてもいなかったこの備忘録のことを思い出した。飽きた、サボっていたと言われればもうぐうの音も出ない程その通りなのではあるが、それでも以前は毎日のように(当社比)更新していたブログでもあることだし、2019年のうちにもう一度くらい更新しておこうと思って記事を書き始めた次第である。

さて、年内最後のブログではあるが、特に今年振り返って面白いような思い出とか、気の利いた話の一つも思いつかないので、てきとうに書いていく。

大学が関東、地元が九州にあると、こうやって年に数回飛行機に揺られる時間ができる。新幹線などでも一応帰れることには帰れるが、時間も料金も飛行機よりよっぽど嵩んでしまう。東京ー熊本間は一時間半しないくらいの短い旅だ。1200kmほどの距離があって、映画の一本も満足に見ることができない。居眠りなんてしようものなら冗談でなく一瞬だ。飛行機というもののおかげで、東京と熊本は『あっという間』の距離感になった。

けれど、気を抜いたら一瞬、なんて何にでも言えることかもしれない。時の流れる早さは、飛行機なんか比べ物にならないほど、早い。

現に、うかうかしていたら2019年ももう残すところあとわずかだ。あっという間に2020年が来る。就活も、GWコミケも、オリンピックもあっという間にやってくる。あれだけの時間があったはずなのに、あれだけの猶予があったはずなのに、果たして私は、私たちは、どれだけのことを為し得ただろうか。

振り返れば、いつも後悔ばかりしている気がする。もっとああ出来たのに、こう出来たのに、とか。私たちの後ろには、いつももっとうまく出来たかもしれない“あの時”がうず高く積み重なっている。2019年も、たくさんの“あの時“を積み重ねた。もう省みることしかできないガラス越しの”あの時“を、私はどれだけ惨めったらしく振り返っただろうか。

けれど、月並みな言葉だけれど、時間は後ろには進まない。2019年は、やがて過去になる。楽しかった”あの時“も、悔しかった”あの時“も、もっとうまく使えたかもしれない”あの時“も、もう帰ってはこない。私たちにはもう2020年と、その後に続く茫漠とした時間しか残されてはいない。

だからこそ、馬鹿みたいに前向きに行こう。今できること、今からできることを大切にしよう。

時間は確かにあっという間に過ぎて行く。けれど、それに合わせて自分も少しずつ進んでいけばいい。飛行機ほど速くなくていいし、寄り道したっていい。けれど、愚直に、一歩ずつ、前に進んでいけばいいなと、そう思う。2020年の豊富だ。

 

今年一年、御世話になりました。

来年も、どうぞよろしく。

 

2019.12.31 九州へ向かう飛行機の機内にて、2019年最後の時間を噛みしめながら

第80回:『やる気』とか、『行動』とか。

知らぬうちにひと月も間が空いていた。時の流れの早さにも、自身の自堕落さにも空いた口が塞がらない。マイペースといったって限度がある。

とりあえず、何はなくとも100記事までは頑張っていこうと思っているので、温かい目で気長に見守ってもらえれば嬉しい。

 

『やる気』という言葉は、一般に「何かを始めたり、継続して続けるためのモチベーション」と言ったような意味で使われることが多い。そのため、なんとなく「やる気」が先にあり、その先に「行動」があるという構造を思い浮かべがちだと思う。

「やる気が起きなくて課題に手をつけられない」「今からやろうと思ってたのに、今のでやる気なくなった」など。

けれど、実際のところ「やる気」などというものは虚構である、という記事を以前読んだことを思い出す。「やる気」という言葉は、「やる気」のない人が生み出した言い訳の言葉なのだと。

何かを始めるモチベーションである「やる気」などというものは実は存在せず、強いて「やる気」という言葉を説明しようとするなら、それは何か物事に取り組んでいるとき、それを集中して継続しようとする気概のことを言うのだそうだ。

常に何にでも積極的に取り組む人間というのは、確かにいる。「やる気に満ち溢れた人」などと表現されることも多いが、実際そういう人たちは「やる気」の如何に関わらず、「とりあえず始めてみる」というタイプの人が多いようだ。

逆に何をするにも理由やきっかけを探してしまう面倒臭がりなタイプの人は、その始めるためのきっかけに「やる気」という言葉を用いる。「やる気が起きない」「〇〇があればやる気が起きるのに」など、全部ただの言い訳なのだとか。実に耳に痛い話だ。

「やる気」などという概念は虚構で、結局どんなことでも一歩踏み出してみないことには何も始まらない。「やる気」を言い訳にする人たちは、何かを始めるハードルを勝手に高く設定しているだけなのだ。

けれどやっぱり、始めの一歩を踏み出すことは確かにカロリーのかかる行為であることは間違いない。特に、今まで何かにつけてきっかけを求めてきた人たちにとっては「行動」を起こすハードルは依然高いように感じられてしまうことだろう。

そういうときは、物事を始める前に一つ何か簡単にできる別の行為を挟んでみると良いだろう。新しいことを始める日の朝は、いつもより少し早起きして朝日をうんと浴びてみるとか、課題に取り掛かる前には携帯を置いて一度ゆっくりコーヒでもいれてみるとか。

気分を切り替えるきっかけになれば、どんな些細なことでもいい。自分の気持ちさえ少し前向きに出来ればそれでいいのだ。

人は一人一人違う生き物だ。自分の気持ちと上手に付き合っていく、自分だけの方法を見つけていきたいものである。

 

課題を始める前に、少し一服。気持ちを落ち着けたら「とりあえず」始める癖をつけていきたい。

 

2019.10.09 相変わらず都内どこかのこじんまりとした1Kにて

『違い』とか、『尊重』とか。

合宿から帰ってきた後少し慌ただしくしていたら、いつの間にやらまた投稿があいてしまった。なんだか毎度のように謝っていてもキリがないので、余程のことがない限り投稿期間があいたことの謝罪はこれで最後にしたいものだ。

まあ一定の投稿頻度を守れるのが一番いいんだけどね。それはそう。間違いない。

 

最近、『違い』というものにすごく敏感になっている自分がいる。

それは昨今のニュースであったり、身の回りのことであったり、或いは自分自身について考えているとき、度々突き当たる壁でもある。

京アニ放火事件での実名報道の件では、マスコミと民意の立場の『違い』が浮き彫りになった。私の身近でも、考え方の対立によってつい最近仲違いのようなことも起きている。

自分自身のことであれば、最近はもっぱら就活のことについての悩みが頭を占めているのだが、これはいかに自分自身の強み、他の人との『違い』を伸ばし、アピールできるかということにかかってくる。『違い』は武器にも火種にもなり得るということだ。

『違い』一つで諍いが起きたり、差別を受けたりするようなこともあれば、逆に『違い』を武器に評価されたり、新しい可能性に出会えることもある。立場の違い、考え方の違い、得意不得意の違いーーーこの『違い』との付き合い方によって、人はもっとずっと賢く生きていけるような気がする。

そもそも『違い』と一口に言っても、そのあり方は様々だ。一目で分かる外見上の違いもあれば、長く関わってみないと分からない内面の違いも確かにある。立場の違いというものもあるだろうし、文化や信仰の違いといったものもある。

しかし、どんな場面においても共通しているのが、『違い』というものには『こちら』と『あちら』の立場があるということだ。自分からしたら向こうが『違う』わけだし、逆に向こうからしたらこちらが『違う』わけであって。そこにはマイノリティ、マジョリティのような違いはあっても、どちらが間違っていてどちらが正しいと言った絶対的な基準は存在しない。人は彼方と此方の違いを相対的な位置関係でしか認識することはできないのだ。

だからこそ、人との『違い』を認識した時、自分の方が正しいなどという傲りは捨てなければならない。互いを尊重し合う気持ちがかけた時、その『違い』は関係を阻む溝として互いの間に横たわることになる。

 

思いやりを、大切に。

 

2019.09.07ちょっと過ぎ 都内某所にて

『時間』とか、『成果』とか。

今日はサークルの合宿で箱根に来ているのだが、いろいろ足りないものがあってその買い出しだけで一日が終わってしまった。事前の準備はやはり大事である。教訓教訓。明日は目一杯楽しむぞ。

 

最近何をしていても一日があっという間に過ぎてしまうので、気持ちが折れそうになることがままある。日々の積み重ねだと頭で理解はしていても、少しも前に進んでいる実感がない。浪人していた頃を思い出して、悪戯に焦燥感にかられてしまう。

けれど、やっぱり、そうは言っても積み重ねなのだ。どんなに実感を得られなくても、そこはだましだましやっていくしかない。

先日、ふと思い立って夜の散歩に出かけた。最近は夜間散歩するのに丁度良い気候で、お散歩好きには有難い。

どこを散歩しようか考えて、久しぶりに二年前まで住んでいた寮の近くをふらついてみることにした。基本は住宅街なのであまり明るい道ではないけれど、思い入れのある道なのでたまには良いかもしれない。

歩いてみて、なんだか随分新鮮な感じがした。今住んでいるところからはそう離れていないのに、そういえばもう一年近くこの辺りには来ていなかった気がする。人間どんなに簡単なことでも、やろうと腰を上げなければなかなかやらないものである。

しかし本当に懐かしい道だ。二年前、よく夕食のあとに近所のセブンまで散歩がてら出かけていたのが懐かしい。そのあと友人の部屋に転がり込んで、朝まで下らないおしゃべりをしていたことが、もう随分昔のことのように感じる。よく夜間にコーラを買っていた自販機、不思議なくらい壁一面に蔦の生い茂った近所のカフェ、いつも店先におばちゃんの佇んでいる日用品店。変わっていないところは本当に変わっていない。

けれど、一年前と確実に変わったところもある。寮の裏手の空き地に、知らぬうちに随分綺麗なマンションが出来ていたのだ。

私はそれを見つけた時、頭を殴られたような衝撃を覚えたことを覚えている。それは確かに一年前には存在しなかったもの。確実に、この一年で作り上げられたものだった。

一年の月日の長さを、痛切に思い知らされる経験だった。一年という月日があれば、これだけのことが出来るのだとありありと見せつけられたのである。

一年という時間は、一日という時間が365個積み重なったものだ。一日という時間は、一時間という時間が24個積み重なったものだ。決してその場その場で急に現れてくるものではない。

だからこそ、やはり小さくとも日々の積み重ねはバカにできないのだと、そうその新築のマンションに言われている気がした。

 

やっぱり、日々の積み重ねだ。目を背けてはダメ。一歩一歩進んでいこう。

 

2019.09.02 箱根湯元にて

『八月』とか、『振り返り』とか。

帰省してた際の録画番組の消化だけでだいぶ時間を取られてしまった。最近はニュースなども意識して録画するようにしているのだが、本当にいくら時間があっても足りない。24時間365日、いつでも数え切れないほどの局でこうして番組が作られているのだから、なんだか不思議な気分である。

 

夕方、ふと思い立って近所の散歩に出てみると随分涼しくて驚いた。そうか、もう夏も終わりかと、そんな物寂しさを覚えてしまう。

そんなこんなで、八月ももう終わりである。やがて九月が、秋が来てしまう。

今月はなんだか時の流れがあっという間だった。いやまあ毎月こんなことを言っている気もするけれど、それにしたって早かった。暇な時間と忙しい時間とが交互に来て、時間の感覚が少し変になっていたのかもしれない。今も「もう今月終わりなの!?」って脳が混乱している気がする。いや受け入れがたいだけか。

今回も少しこの八月を振り返ってみての所感を綴ってみる。

今月は、一言で言えば「考える」ひと月であった。

夏休みに入り友人たちとの下らない集まりから始まった今月。中旬には高校の頃からの友人が東京に遊びに来て、人と長く一緒に過ごすことの楽しさ、大変さを改めて感じる機会となった。その後の帰省では、嬉しいこと、悲しいこと、驚いたこと、様々な経験の中でたくさんのことを考える時間を持つことができた。家族と語らいあったこと、兄妹と語らいあったこと、友人と語らいあったこと、それらを自分の中で消化する時間は、きっと何者にも代え難い時間であったと、そう感じている。

そして、今。また一人で東京に戻ってきて、私は自分自身のことについて考えている。就活のこと、それからのこと、そのために今できること。目一杯頭をひねってたくさんのことを考えるようにしている。

九月になれば、またいろいろなことが動き出す。インターンなども本格的に始まってくるし、大学も後期の授業がやがてスタートする。大学の友人と集まってやりたいこともたくさんだ。

 

考えて、力を溜めて、また九月からたくさんの目標に、全力で向かっていきたい。

 

2019.08.31 都内某所にて

『実家』とか、『頑張り』とか。

久々の東京の家は、ほかの誰にも気を使わなくていいのでのびのび出来て良い。ただ、ご飯が少し味気ないような気がするのはなんとも。一人というのも良し悪しである。

 

昨日の昼ごろ、ANAの飛行機に二時間ほど揺られ、ようやっと東京に戻ってきた。長々と電車に揺られていると、嫌でも自分は今関東にいるんだなぁと実感させられる。9月半ばにもう一度九州に戻る用事があるが、とりあえずまた三週間ほどこちらで生活を送らねばならない。

結局、地元にいた十日間はあまり生産的とは言えない時間だった。もちろん、楽しくなかったわけでは決してない。久しぶりに会う友人たちとは有意義な時間を過ごすことができたし、家族や親戚にも元気な顔を見せることができた。十日は少し長いかと思っていたけれど、過ぎて見れば本当にあっという間だった。

しかし、それにしたって振り返ってみると実家では本当に何もしていない。コツコツやろうと思って持っていった参考書にはほとんど手をつけられなかったし、このブログの更新頻度も明らかに低かった。パソコンなんて持っていったきり開きすらしなかったし、なんとまあ自堕落なことだろう。情けなくてため息しか出ない。

本当に、実家にいると何も捗らなくなるあの現象は一体何なのだろうか。妙な安心感というか、何もしなくても実家の手伝いさえしていれば許されるような空気感。いかに締まりのない10代を過ごしてきたのか改めて痛感させられてしまう。

家族仲は割といい方だと思う。親戚とも比較的密な関係を維持しているし、家柄には恵まれている方だと思う。けれど、その空気感に自分はいつまでも甘えているのかもしれないと、そういうふうにも感じる。

あの場所は、私がこれまで育ってきた場所で、私のこれまでの成長の思い出がたくさん詰まっている場所だ。そこには大勢に胸を張れるような軌跡もあったと思うし、一方で決して人前では大手を振って語れないような情けない記録もたくさんあった。けれど、その全てをあの場所は受け入れてくれたし、許容してくれた。あそこは私の成長、私の『過程』を受け入れてくれる場所なのだと、そう思う。

もちろんたくさん叱られたし、心配されたし、迷惑もかけた。今だって決して一人前の男として100%信頼されているなんてことは全然ないと思う。けれど、あそこは“私”が“私”であるというだけで肯定してくれる、そんな場所なのだ。

だからこそ、あそこにいてはダメなのだと思う。周囲がどうこうではない。私がダメになる。性根のところで腑抜けた甘えん坊なのだ、私は。

今は大学進学とともに上京し、ここにいる。多分就職も関東近辺でになるだろう。

私はなにかを為すためにここにいるのだ。自分を甘やかせない、この場所に。そのことを、改めて意識する。もちろん自分が一人前などとは微塵も思っていない。今でもいろんな人にたくさんお世話になっている。でも、だからこそ、あの居心地のいい実家を離れて、はるばる数百kmも離れたここ関東に来させてもらっている成果を、少しでも形にしていきたいものだ。

 

今日も、この場所で、私に出来ることを、また一つづつ重ねていこう。

 

2019.08.27 都内某所にて

『旧友』とか、『浪人時代』とか。

地元のジメジメした暑さとの付き合い方の勘もだいぶ戻ってきた。

コツとしては、まず熊本は湿度が高すぎて夜でもまともに涼しくならないので、諦めてクーラーガンガンきかせた部屋に引きこもること。脳死思考停止上等。全部暑さが悪い。私は悪くない。

 

16日に帰省して早一週間。普段なかなか会う機会のない旧友たちと久しぶりに顔を付き合わせて飲む酒はやはり美味い。この時間のためだけにわざわざ地元に戻ってきているようなものだ。

先日は浪人時代の友人たちと肉を焼いてきた。仲の良かった五人のうち二人は都合がつかず、最終的に三人での会合にはなったが、それでも充実した楽しい時間を過ごすことができたように思う。

私以外の四人は医学部志望で、中には夢半ばで諦めざるを得なくなり泣く泣く獣医に進んだ奴や、色々あって早速ダブったような人もいたりはするが、みんなそれぞれ前を向いて自分の道を歩んでいる。彼らと話すと、安心するのと同時に自分も頑張らないとと気が引き締まるような気がする。

浪人していた頃の一年間は、決して煌びやかなものではなかったけれど、一方で決して鬱々としたようなものでもなかった。震度七の地震という最悪のスタートが重なりもしたけれど、あの一年間は私の中で確かに価値ある時間として刻まれている。ありとあらゆるものを排して(いうほど排せてなかったような気もするが)、勉強と向き合う時間は即ち自分自身と、自分自身の中にある甘えと向き合う時間だった。それを飼いならせたかどうかは別として、少なくともそこにそういった腑抜けた部分があることを、嫌という程自覚できた時間だった。甘えた思考、効率の悪さ、きっともっと成長しても消えることのない自身のあれやこれやを、それでもきちんと認知できているかどうかで出来ることはずいぶん増えるのではなかろうか。そういう意味であの一年間は、私にとって確かに意味のある時間であったのだと思う。思いたい。

かつて私と同じように浪人して大学に入った父が、当時のことを「あの時間があるとないとじゃなかった方がもちろん良かったんだろうけど、僕はあの一年を通して確かに多くのことを学んだし、今考えれば掛け替えのない時間だったように思う」と語っていて強く共感を覚えた記憶がある。周囲の人たちからどう見えていたかはよく分からない。頑張れと声をかけて本気で応援してくれる人もいたし、浪人するなんて努力が足りていないと心の何処かで見下していた人もいたことだろう。けれど、あの時間を通して得た経験が、出会った仲間との関係が、確かに私の中に息づいている。それは誰にも否定できない事実だ。

肉を目一杯口の中に詰め込んでいい気分になったあとは、またみんな元の、今の居場所に帰っていく。宮崎、愛媛、そして私は東京へ。今回会えなかった二人も各々の空の下で、夢に向かって頑張っている。

 

いつかあの時間があってよかったと胸を張れるように、また、歩いていくんだ。

 

2019.08.22ちょっと過ぎ 地元九州にて